ビジネスのいろはをまとめました

テレビカメラマンの仕事について

テレビカメラマンの仕事はテレビ番組で映す映像をテレビカメラで撮影する事です。
番組の目的に適した映像をファインダーを通じて取捨選択し、テレビ画面に映る映像を映し出します。
大きく分けると、スタジオ番組や中継番組を担当するスタジオカメラマンと、表に出掛けて行ってニュースやドキュメンタリー、情報番組などを取材する、取材カメラマンの二つに分かれます。
スタジオ番組を担当するスタジオカメラマンは数人が一緒に、ディレクターの指示に従って番組の映像制作にあたります。
ディレクターに指示された条件の中で、よい映像を撮ることが求められ、撮影した映像は副調整室に並べたモニターに表示され、ディレクターとスイッチャーによって順次選択されて放送されるのです。
ビデオカメラを持ってニュースやドキュメンタリーを取材する取材カメラマンは、事前に記者やディレクターと打ち合わせをした上で、取材中は自分ひとりで撮影を進めることが多いです。
何がどのように起こっているのかを正確に伝えるために、自分で状況を判断してカメラを回します。
また、どこから撮影すればよい映像になるか、事前に被写体の動きを想定することが重要となります。
入職するには大学の工学部、芸術系学科や放送学科のほか、芸術・放送系の専門学校出身者も多いです。
テレビ局の社員になるか、テレビ局の仕事を請け負う外部プロダクションなどに就職する必要があるが、いずれも入社試験は非常に難しいといえます。
スタジオでの作業は共同作業が多いため、組織の中でトレーニングを積む必要があります。
仕事をしながら技術を磨き、一人前になるには長い年数がかかるのです。
取材カメラマンの場合は、自ら撮影するテーマを調査することが必要で、どのような内容の映像をどこで撮影したら良いかを考えて撮影を行います。
専門とする取材対象が特化して高い評価を得るようになると、フリーランスとなり契約で働いたり必要な器材を揃えてプロダクションを起こして活躍できる可能性もあります。